・コンフォートデンチャー(コンフォート義歯)

コンフォートとは、入れ歯の内面に体にやさしい生体用シリコンを使用した粘膜面裏装加工技術です。
他の軟質材料より、[柔らかさ]を長く保ちます。

入れ歯の土台となる、歯ぐきの歯槽骨は凸凹しています。
CT撮影のデータを3D立体模型で再現してみると、やすりの様に尖った骨が至る所にあります。また、骨隆起という歯槽骨が部分的に出ています、指で触るだけでも痛みを感じたり入れ歯の装着する際の痛みになります。歯槽骨は歯肉に覆っているのですが、噛む力が尖った歯槽骨や骨隆起に局所的にかかることで、さらに痛みが生じやすくなります。

【特徴】

● 材質の安全性
「生体用シリコン」は生体の組織液による影響や経年変化が極めて少ない安定した材料です。
主成分の ジメチルシロキサンポリマーは、薬事承認済みの安定した材料であるからこそ、脳神経外科の水頭症シャント、脳室ドレナージや心臓外科のペースメーカー用のリード線、コロナリーカニューレなど幅広い医療分野で使用されています。

● 温度・経年変化の少なさ
コンフォートは、レジン系裏装材と比較して、温度による弾性変化が極めて少ない。

口腔粘膜に近い柔らかさ
骨隆起やアンダーカットを被覆できる。

● 汚れにくい
シリコン表面が密であるため、汚れが付着しずらく、汚れも除去しやすい。

● 剥がれにくい
40万回上下に振動を与える疲労試験においても、シリコンは剥がれずに義歯床の破折の形で終了しました。

【用途】

・総入れ歯だけではなく、部分入れ歯にもコンフォート裏装可能である
・金属床入れ歯や部分的なコンフォート裏装が可能である。

【調整・修理】

「ゆるくなった」「あわない」となった場合、入れ歯をお預かりして、コンフォートを張り替えることになります。

【使用上の注意点】

・生体シリコン面を擦ったり、切ったりしないでください。
・粉薬は入れ歯を外してから服用してください。
・入れ歯安定剤は使わないでください。
・歯磨き粉を使用しないでください。
・熱湯で煮佛消毒はしないでください。
・着色性[カレー、赤ワインなど]の食材を食べたら水洗いしてください

・・・


入れ歯でお悩みの方へ HOME に戻る

PAGETOP