・アセタルプレート義歯

今までは、入れ歯の強度を上げたり、違和感の緩和の為に金属の基礎床を義歯に埋め込んでいました。

アセタルプレートとは、この入れ歯の金属床部分に、アセタル素材(樹脂)を使用した全く新タイプの入れ歯です。
(アセタル床義歯、アセタル床入れ歯とも言われています。)

口蓋部の厚さ0.5ミリと金属床にたいへん近い厚みで、なおかつ金属(レジン)に比べ軽量に仕上がりますので、入れ歯の違和感が和らぎます。

【アセタルプレートの特徴】

● 耐久性と耐摩耗性に非常に優れています。
● 生体親和性が高く、アレルギーの心配もありません。
● 浸水性がほとんど無いため、バクテリアが付着しないので衛生的で変色もしません。

【アセタルについて】

ACETAL=熱可塑性レジンは、耐久性・耐磨耗・耐クリープ性・浸水性に非常に優れた性質を持ち、人体にも非常に安全です。現在、その優れた性能から医科、歯科、食品、工業製品などの安全性が求められる分野で幅広く使用されています。

また、食品の分野でもその高い安全面・衛生面における品質と機能において、各国の規格を獲得しています。(ヨーロッパ統合安全規格CEと米国のFDA・UL・OSHA《米国保健管理局》ACGIH《米国産業衛生専門家会議》、オーストラリアのAS、台湾のCNSマークなどを取得)全世界で安全と信頼の商品として認められています。

日本においても、薬事法で認証さている素材です。
義歯床用熱可塑性レジン(販売名 アセタル)薬事認証済み
認証番号 第224AKBZX00066000号

・・・


入れ歯でお悩みの方へ HOME に戻る

PAGETOP