・部分義歯(部分入れ歯)

ご自身の歯が1本でも残っている場合、お口に入る入れ歯は、部分義歯(部分入れ歯)となります。
歯科用語では、部分床義歯と言われています。

部分入れ歯には、 
 1、バネのついた入れ歯(クラスプデンチャー)
 2、バネのつかない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)があります。

部分入れ歯には、入れ歯を維持・安定させる為のクラスプ=バネ・針金が必要となります。
そのクラスプにも様々な種類があり、代表的なクラスプには、以下のような物が挙げられます。

 a. ワイヤークラスプデンチャー:針金状の維持装置、色は銀色
 b. キャストクラスプデンチャー:金属鋳込みの維持装置、色は銀色
 c. Iバークラスプデンチャー:特殊な形をした金属鋳込みの維持装置、色は銀色
 d. ゴールドクラスプデンチャー:金による金属鋳込みの維持装置、色は金色
 e. ホワイトクラスプデンチャー:樹脂の維持装置、色は白色

部分入れ歯では、どうしても金属のクラスプが目立ってしまう場合があります。
そのような時には、クラスプ部分を軟性の床用材料で包み込む込むタイプの入れ歯=ノンクラスプデンチャーを選択する事もできます。

どのような部分入れ歯にするかは患者さんのご希望もあるでしょうが、各タイプにはそれぞれに適応症例があります。入れ歯の製作時には、よく担当医と相談して下さい。

・・・


入れ歯でお悩みの方へ HOME に戻る

PAGETOP