・目的に合わせた入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)には、様々な種類があります。
ここでは、目的に合わせた入れ歯のタイプごとにご説明致します。

  • フル・デンチャー(全部義歯・入れ歯)
    歯が1本も残っていない状態の口腔内に入れる入れ歯
  • パーシャル・デンチャー(部分義歯・入れ歯)
    失った歯の部分に入れる入れ歯
  • エステティック・デンチャー
    審美性を重視し、歯や歯肉の色にこだわった入れ歯
  • ホワイトニング・デンチャー
    真っ白な歯を望みの方へ
  • ブレード・テュース・デンチャー
    強力な咬合圧で硬いものを噛み砕く入れ歯
  • トルティシュ・デンチャー
    味覚を損なわないのメッシュの入れ歯
  • 無口蓋入れ歯
    嘔吐反射の強い方に喉の奥まで長く大きい上顎の入れ歯を小さくU字型にくり抜いた入れ歯
  • ンガム・デンチャー
    笑った時でも入れ歯の人工の歯ぐき(ピンク色の床)が見えない入れ歯
  • リッフ・サポート・デンチャー
    上唇の縦皺やボリュームが気になる方には、入れ歯の人工の歯ぐきで自由にボリュームを調整することができる入れ歯
  • ワンデイ・デンチャー
    緊急時に1日で完成する入れ歯
  • トーキング・デンチャー
    パラトグラフ採得法による発音を考慮した入れ歯
  • 災害時のために個人情報を記録した入れ歯
  • 透明なパイロット・デンチャー
    入れ歯の適合状態が確認することができる透明な入れ歯。
    金属アレルギーを心配する方にはパッチテストをおこないます。
  • ナイト・デンチャー
    夜に入れ歯を外したくない方に、夜だけ入れる入れ歯
    夜間の入れ歯の装着は噛み合う歯が少ない場合には、残った歯がぶつかり、歯ぐきを傷つける事を予防するために、夜間の入れ歯の装着が必要な場合がある。
    通常使用の入れ歯ではなく、夜間にナイトデンチャーを使用する。
  • 軽い入れ歯
    入れ歯の重さを気にする方に最軽量の入れ歯 床だけではなく、人工歯も軽い素材を使用います。
  • 頑丈な入れ歯
    洗浄時にも洗面台についつい落として入れ歯を傷つけたり、欠けた事はありませんか?
    強度と耐久性に優れたスルホン床の丈夫な入れ歯もあります。入れ歯の凹凸を少なくすることで汚れがつきにくく洗浄しやすくなっています。介護をされる方にも扱いやすく着脱も容易な入れ歯です。
  • 訪問入れ歯
    通院が難しい患者さんには、訪問して入れ歯を製作する訪問入れ歯
  • オーバー・デンチャー
    口の中に差し歯やインプラントが混在して、綺麗な歯並びにできない方に、差し歯の歯の根とインプラントの土台だけを利用して、入れ歯で覆ってしまう入れ歯です。
  • 取り外しの簡単な入れ歯
    入れ歯を装着する時や外す時には、きつくて、なかなか取り外しができない方には、指の形や力にあわせて着脱用のノブを入れ歯に付けます。舌の力でも外すことができます。
  • 歯冠内アタッチメント・デンチャー
    入れ歯の着脱時に自分の歯を痛めないようにしたい方には、歯冠内アタッチメントのスイング・ロックやカム・デンチャーにするとフックをスライドさせるだけで着脱可能です。

入れ歯の種類は幾つもありますが、基本的には臨床において症例数が多く、良好な予後が確立した信頼性の高い製法や安定した素材である事が重要な選択基準になります。
患者さんは、そこまで理解することは、ちょっと難しいかもしれません。

・・・


入れ歯でお悩みの方へ HOME に戻る

PAGETOP